事故車を1円でも高く買取してほしい場合の注意点と、業者選びのポイント

HOME>アーカイブ>査定依頼前にすべきことと、してはいけないこと

査定前の修理は不要

パーソナルトレーニング

たとえ事故車であってもできるだけ高く売りたいものです。では、事故車買取に関して注意すべき点を紹介します。まず、しっかり修理したあとで査定に出したほうが査定金額が上がるのではと考えるかもしれませんが、それは間違いです。なぜなら、買取の際に修理額が査定額に加わることはなく、修理費以上に高い値段が付くことも難しいからです。これは損害保険や対物保険で修理した場合でも同じであり、保険で受け取れる上限は車の査定額までなので、保険金で修理代を賄うのは不可能だと言えます。次に、中古車は相場の変動が激しいため、売るならなるべく早く決断すべきです。車にはシーズンごとに人気のタイプが変化したり、積雪が多いなど場所によって需要が高いタイプがあります。損傷の程度が軽い事故車の場合なら、業者としては修理の手間もかからず、すぐに売り出せる可能性が高いと考えるからです。

必ず専門業者に依頼すること

トレーナーと生徒

事故車を売りたい場合の業者選びのポイントを紹介します。まず、事故車専門の買取業者に依頼することです。そもそも事故車でも売れる理由は、外側の損傷が激しくても中の部品に需要があったり、海外輸出できるものなら車検の必要がないため、事故車でも売買が可能だからです。また、部品そのものが使い道にならないものだとしても、鉄のリサイクルに回せば資源としての価値が生まれます。こういった流通経路をしっかりもっているのが、事故車専門業者なのです。

信頼できる専門業者とは

パーソナルトレーニング

数ある専門業者の中からどのように選べばいいのか、そのポイントを見ていきましょう。まず、ウェブサイトで過去の事故車買取実績の数や査定額を参考にしましょう。数が多ければ、それだけ流通ルートもしっかりしており、いろいろなケースに対応できるからです。また、業者のほとんどは無料で査定をおこなっています。手数料や出張見積もり費と称して費用を請求するところは避けましょう。次に、古物商許可番号の有無です。中古品やリサイクル品買取販売業者は、自治体から古物商行の許可がなければ営業が認められていません。ウェブサイトなどに、この番号が記載されているか確認することもきちんとした業者かどうか判断する材料になります。

広告募集中